複数のデータを複数のビューに並べるには(ツールの利用)

ReportGenで複数のビューを作るには、複数のプレースホルダーを作成し、そのホルダー番号を順番に変更しながら各データを変換していきます。(ReportGenのチュートリアル・ガイドに手順を記載していますので、そちらをご参照ください。)
ただ、この手順では、データと割り当てるプレースホルダーの番号を指定しながら変換を繰り返して行う必要があるため、ビューの数が多い場合は、「操作が面倒」、また、「指定を間違えてしまう」という声がありました。
以下のツールは、この問題点を解決するReportGenの補助ツールです。
複数のプレースホルダーが配置されたテンプレートPDFファイルと複数の3次元データを読み込み、各プレースホルダーと3次元データの対応を作成します。
どのファイルをどのプレースホルダーに入れるかを設定しておくことで、あとは自動的に変換することができます。
詳細は解凍後の bin フォルダに含まれるヘルプ・ファイル(PDF3DAutoHelp.pdf)をご参照ください。
Windows 64bit 版のみに対応しています。

このツールは、3次元データ用です。
360度パノラマ画像をご利用の場合は、360度パノラマ画像用のツールがありますので、そちらをご利用ください。

PDF3DAutoConverter1.3.zip