3D PDF ファイル お試し変換サービス

はじめに

このサイトは、PDF3D ReportGen の評価のためのお試し変換サービスサイトです。3次元形状ファイル、もしくは、360度パノラマ画像の 3D PDF ファイルへの変換を行うことができます。

まだ 3D PDF ファイルを使ったことがない方や PDF3D ReportGen でご利用のデータが変換できるか確認したい方、ソフトウェアを評価する時間がない方などを対象とした評価のための変換サービスとなります。

PDF3D ReportGen の無償評価版もございます。
データを外に出せない方や自分のマシンで試してみたい方は、お問い合せページからお申込みください。

完成イメージ



以降のファイルの選択時に、3次元形状用かパノラマ画像用かを選択し、その変換するファイルを指定してください。
そのデータに対するタイトル、また、説明(コメント)を指定することができます。

PDF3D ReportGen では、Microsoft Word や PowerPoint、Excel で作成した文書の中に、3D のビューを埋め込むことができます。
本サービスでは、上図のフォーマットのドキュメントを作成します。一度お試しいただいた後に、ご自身の文書に埋め込みを行ってみたい方には、PDF3D ReportGen の評価版をご案内させていただきます。

注意事項

  • 本サービスは、データをお預かりし、3D PDF ファイルに変換を行う無償のサービスです。
    リアルタイムに変換結果を取得できるサービスではありません。
    お預かり後、しばらく時間がかかります。
  • 結果の完成を保証するものではありません。
    データによっては変換できない場合もあります。
  • 作成された 3D PDF ファイルには、製品ロゴや透かしが入ります。
    また、2ページ目には製品紹介が入ります。
    製品ロゴの削除など、ページの編集を行うことはできません。
  • 作成された 3D PDF ファイルは、自由に利用、配布していただくことができます。
    ただし、元のデータの利用、配布に関する制限内に限ります。
  • 本サービスは、PDF3D ReportGen のソフトウェアの評価のためのサービスです。同一のお客様によるご利用は3回までとさせていただきます。
    繰り返しお試しになりたい場合には、PDF3D ReportGen の評価版がございますので、そちらをご案内させていただきます。
  • 同じお客様からの過度な繰り返しや、偽名による登録、フリーアドレスからのご利用で連絡が取れない場合など、弊社の判断によりお断りする場合もあります。
  • 通信経路、ならびにサーバー等に対して強固なセキュリティ対策を行っているわけではありません。
    セキュリティ上問題となるデータはアップロードしないようにしてください。
    サンプルデータやセキュリティ上問題のないデータでお試しください。
  • 送信後、受付完了メールが届かない場合には、メールアドレスの間違いやエラーになっている可能性があります。
    再度送信いただくか、お問い合せページからお問合せください。
  • 本サービスを利用することによって発生した不具合、不都合については、一切責任は負いません。
  • 本サービスは、予告なく変更、終了する場合があります。
注意事項をご確認の上、同意いただける方は先に進んでください。

1. メールアドレスを入力

メールアドレスを入力:
(半角英数字)

完成した 3D PDF ファイルを受領するメールアドレスを入力してください。
間違いがないか十分確認してください。

お名前:
(必須)

入力いただいた個人情報は、3D PDF ファイルを作成する上でのデータに関する問い合わせ、また、作成した結果ファイルの送付以外での目的では使用いたしません。
ただし、ご感想をお伺いする場合や製品紹介のためにこちらからご連絡させていただくことがあります。
また、個人情報を第三者に開示することはありません。

2. ファイルを選択(アップロード)

作成したいタイプを選択してください。




ファイル選択:

ファイルをこのエリアにドラッグ&ドロップもしくは、以下のボタンから選択してください。




選択されたファイル

関連するファイル(3次元形状ファイルとテクスチャの画像ファイルなど)をすべて選択してください。
複数のファイル(例えば、a.stl と b.stl の同時表示など)の変換も可能です。
  • 対応フォーマット
    このサイトでは、以下のファイル(拡張子)に対応しています。

    • AutoCAD Native DWG Format (.dwg)
    • IGES 3D Model (.igs,.iges)
    • STEP AP214 3D Model (.stp,.step)
    • Polygon File Format Stanford (.ply)(注意:日本語ファイル名不可)
    • STL Format (.stl)
    • Wavefront Obj (.obj,.mtl)(注意:日本語ファイル名不可)
    • Industry Foundation Classes IFC (.ifc)
    • 3D Studio Max Format (.3ds)
    • FBX Graphics Format (.fbx)
    • glTF Graphics Format (.glb/.gltf,.bin)
    • VRML Format (.vrml,.wrl)
    • テクスチャ用画像 PNG(.png)/JPEG(.jpg,.jpeg)/TIFF(.tif,.tiff)/BMP(.bmp)

      PDF3D ReportGen は、その他のフォーマットにも対応しています。
      詳細は、こちらの対応フォーマット一覧をご参照ください。上記以外のフォーマットをお試しになりたい場合には、お問い合わせページから、その旨、ご連絡ください。

  • 日本語ファイル名の制限
    Wavefront Obj ファイル(.obj と .mtl、テクスチャ画像ファイル)、PLY ファイル(.ply)は日本語ファイル名に対応していません。
    半角英数字のファイル名に変更してからアップロードしてください。

  • サイズの制限
    アップロードできるファイルサイズは 50Mbyte までとなります。
    サイズが超えるようでしたら、複数のファイルを zip 圧縮し、送信していただいても結構です。

  • アニメーション
    アニメーションには対応していません。

    PDF3D ReportGen には、連番ファイルなどの複数のファイルからアニメーションを作成する機能もあります。 お試しになりたい場合には、コメント欄などにご記載いただけましたら、詳細を連絡させていただきます。

ここでアップロードしたファイルは、弊社関係者のみが閲覧し、3D PDF 変換終了後には削除されます。 また、変換後の 3D PDF ファイルも含め、外部への公開等は行われません。

ただし、通信経路、ならびにサーバー等に対して強固なセキュリティ対策を行っているわけではありませんので、 セキュリティ上問題となるデータはアップロードしないようにしてください。
サンプルデータやセキュリティ上問題のないデータでお試しください。

3. タイトルや説明文の入力

タイトル(22文字まで)

説明文(36文字/1行、3行までで指定してください。)

3D PDF ファイルのタイトルや説明文に反映されます。

4. コメント

データや本ページについて、コメント等がございましたら入力してください。
データを出力したソフトウェア名の情報なども、問題なければご入力いただけましたら幸いです。
(3D PDF には反映されません。)
連絡用コメント



注意事項について同意いただける場合には、以下のボタンをクリックしてください。
確認ダイアログが開きますので、よろしければ、OK をクリックしてください。
入力内容の確認ページは表示されませんので、内容を十分ご確認の上、クリックしてください。