製品概要

PDF3Dは、3次元のPDFファイル(3D PDF)を作成するためのツールです。弊社は日本国内の総代理店です。

3D PDFとは

PDFの文書内に、3次元形状のデータを組み込んだもので、Acrobat Reader(無償)で表示することで、以下のことが可能になります。


PDF3Dの製品ラインナップ

データ変換ツール PDF3D ReportGen

様々なフォーマットの3次元形状ファイルを読込み、PDFの任意のページに埋め込んで3D PDFに変換します。 複数のファイルを読み込んで重ねて表示したり、アニメーションにすることも可能です。
 対応OS:Windows(64ビット)、macOS(64ビット)

ParaViewのプラグイン PDF3D PV+

フリーのポストプロセッサー ParaViewのプラグインです。 ParaViewで作成した3次元形状データを直接3D PDFに出力します。
 対応OS:Windows(64ビット)
 ParaViewの対応バージョン:5.9.1

開発キット(ライブラリ) PDF3D SDK PRO

自作のアプリに3D PDFの出力機能を追加するための開発キット(C++のライブラリ)です。 3D PDFのファイル・フォーマットを知らなくても3D PDFが作成できます。


PDF3Dの特徴

PDF3Dで作成したサンプルのダウンロードはこちら

1ヶ月間の評価用のお貸し出し(無償)もしていますので、お問い合わせください。
また、データをお預かりして、3D PDFファイルに変換するお試しサービス(無償)もございます。
詳細は、3D PDFファイル お試し変換サービスをご参照ください。


<フリー> PDF3D in PowerPoint

PowerPointのアドイン(プラグイン)です。PowerPointのドキュメントの任意のページに、任意の位置、サイズで、3D PDFを埋め込むことができます。スライドショーの際に、3D PDFが表示され、マウス操作で、3Dの形状を回転や拡大・縮小ができます。アニメーションも可能です。バックグランドで、Acrobat Readerが起動します。(なお、PowerPoint 2019には対応していません。)
ご希望の方は、お問い合わせください。無償でご提供します。