Web3D ビューワー

Web3Dビューワーは、データの閲覧、共有をインターネットやイントラネット上で行うことができる、Webブラウザ上で動作する3次元ビューワーです。CADデータや汎用的な3次元データを扱うことができる3次元形状用のビューワーと360度のパノラマ画像を扱うことができるパノラマ画像用のビューワーの2種類の製品があります。

いずれもWebブラウザのみで動作し、特別なアプリケーションは必要ありません。また、HTMLとJavaScriptで構成されており、Webサーバー側にプログラム等は必要ありません。WindowsやMacをはじめ、タブレットやスマートフォン上で、WebGLに対応したWebブラウザを使って、その3次元データを見ることができるようになります。

3次元形状用Web3Dビューワー

VRやWeb用の3Dフォーマットとして標準になりつつあるglTF *1) 形式のファイルを読み込み、Webブラウザ上で表示するためのビューワーです。

以下の用途に利用できます。

現在、glTF形式のファイルに保存できるアプリケーションはまだ数少ないですが、PDF3D ReportGenを利用して、STEPやIGESなどの機械系CADデータ、IFCなどの建築CADデータ、LAS/LAZなどの点群データ、VRMLやOBJなどの汎用的な3次元データを glTF形式のファイルに変換することができます。その変換後のファイルとこのビューワーをWebサーバー上に置き、WebGLに対応したブラウザでアクセスすることで、マウスによる回転、拡大縮小などの対話操作が可能となります。その他、パーツの表示/非表示、パーツに設定された情報の表示にも対応しています。

以下の機能があります。

Webブラウザ全体に表示されるビューワーとしての形だけでなく、HTMLのiframeを利用して、ページの一部に3次元のビューワーを埋め込むこともできます。(後述のサンプルをご参照ください。)

また、PDF3D ReportGenによるデータの変換時に3D PDFファイルも準備しておくことで、Web上でデータを閲覧するだけでなく、詳細な技術情報は3D PDFファイルをダウンロードして参照するといったデータ共有サイトの構築が可能となります。

PDF3D ReportGen ならびに、Web3Dビューワーの評価お貸出し(1か月間)も可能です。お問合せのページから、お気軽にお申込みください。

*1) glTF
Khronos Groupが提唱する汎用3Dデータファイルフォーマット
https://www.khronos.org/gltf/

パノラマ画像用Web3Dビューワー

パノラマ画像用Web3Dビューワーは、360度カメラで撮影されたパノラマ画像を読み込み、球にマッピングして表示します。

マウスやタッチ操作により、自由に視点を変えたり、拡大縮小しながら、見ることができます。拡大縮小の際に、前後に移動するモードと、視野角を変えるモードがあります。前者のほうが縮小時に広範囲を表示でき、後者のほうが歪みが少ないという違いがあります。

また、以下のナビ機能があります。

その他、以下の機能もあります。

各種設定にも特別な環境は不要です。ローカルの作業マシンでエディター用のHTMLファイルをWebブラウザで開きます。例えば、ナビを設定するには、パノラマ画像を表示しながら、ナビを置きたい箇所をクリックし位置決めを行い、そのナビに埋め込む情報を作成します。この作成した設定情報ファイルとパノラマ画像をWebサーバー上に配置します。

実際にお手持ちの360度画像を使って、エディターの操作やパノラマ画像の表示を試してみることができます。お問合せのページから、お気軽にご連絡ください。

Web3Dサンプル

下にリストされている各リンクや画像をクリックすると、サンプルが表示されます。
(別タブに Web3D ビューワーが開きます。)

※ Chrome や Firefox、Safari、Edge などのブラウザでアクセスしてみてください(2018年以降のバージョン推奨)。
※ IE は IE11 に対応しています。

まず、データの読み込み中には、メニューありのページでは、メニューバーの左にロード中を示すアイコン(黄色)が表示され、中央の文字が Loading… となりますので、しばらくお待ちください。

読み込みが終わるとロード中のアイコン(黄色)が消え、中央にファイル名が表示され、そのデータが表示されます。

メニューのないページでは、データの読み込み中には、ロード中を示すアイコンが表示されます。読み込みが終わるとそのデータが表示されます。

マウス操作は以下の通りです。

※ スマートフォンでは、1本指(回転)、2本指(移動)の操作、ピンチ操作(拡大縮小)をお試しください。

3次元形状用のビューワーでは、マウス左ボタンのクリックで、パーツを選択することができます。また、マウス右ボタン(スマートフォンでは1本長押し)で非表示に設定するメニューを開くことができます。

パノラマ画像用のビューワーでは、ナビが表示されている場合は、そのナビをマウス左ボタンでクリックすると、そのナビに設定されている情報を見たり、他のパノラマ画像へ移動したりすることができます。

その他、メニューバーの右端にある三本アイコンをクリックすると、パラメータが表示されます。3次元形状用のビューワーでは、パーツの選択やそのオン・オフの他、クリッピングなどの操作が可能です。パノラマ画像用のビューワーでは、視点の移動範囲の制限や明るさ調整などを行うことができます。詳細は、同メニューにあるHelpをご参照ください。


販売価格

※ Web上のシステムへの組み込みやビューワーの改良など、ご要望に応じた開発も可能です。
(別途内容に応じた費用が必要となります。)

パノラマ画像用Web3Dビューワーのリリース・キャンペーン(定価の30%オフ)