Web3D ビューワー

Web3Dビューワーは、VRやWeb用の3Dフォーマットとして標準になりつつあるglTF *1) 形式のファイルを読み込み、Webブラウザ上で表示するためのビューワーです。
現在、glTF形式のファイルに保存できるアプリケーションはまだ数少ないですが、PDF3D ReportGenは、3D PDFファイルを作成するだけでなく、この glTF形式へのデータ変換機能もサポートしています。PDF3D ReportGenを利用して、STEPやIGESなどの機械系CADデータ、IFCなどの建築CADデータ、VRMLやOBJなどの汎用的な3次元データを glTF形式のファイルに変換することで、WindowsやMacをはじめ、タブレットやスマートフォン上で、WebGLに対応したWebブラウザを使って、その3次元データを見ることができるようになります。

マウスで回転、拡大縮小などの操作が可能です。その他、パーツの表示/非表示、パーツに設定された情報の表示にも対応しています。

また、データの変換時に3D PDFファイルも準備しておくことで、Web上でデータを閲覧するだけでなく、詳細な技術情報は3D PDFファイルをダウンロードして参照するといったデータ共有サイトの構築が可能となります。

*1) glTF
Khronos Groupが提唱する汎用3Dデータファイルフォーマット
https://www.khronos.org/gltf/

Web3Dサンプル

下にリストされている各リンクや画像をクリックすると、サンプルが表示されます。
(別タブに Web3D ビューワーが開きます。)

※ Chrome や Firefox、Safari、Edge などのブラウザでアクセスしてみてください(2018年以降のバージョン推奨)。
※ IE は IE11 に対応しています。

まず、データの読み込み中には、下図のようにメニューバーの左にロード中を示すアイコン(黄色)が表示されます。
また、中央の文字が Loading… となっていますので、しばらくお待ちください。

読み込みが終わるとロード中のアイコン(黄色)が消え、中央にファイル名が表示されます。

マウス操作は以下の通りです。

その他、上図のメニューバーの右端にある三本アイコンをクリックすると、パーツの選択やそのパーツのオンオフの他、クリッピングなどの操作が可能です。
詳細は、同メニューを開いたパネルにある Help のリンクを参照してください。


販売価格

製品価格 20万~(税別)

※ 制限事項やライセンスの情報につきましては、上記サンプルで開くWeb3Dビューワーのメニューからアクセスできるヘルプファイルをご参照ください。