サポート情報(ReportGen)

ご質問の多い内容をQ&A方式でまとめました。


バッチ処理と自動化の方法

ReportGenはコマンド・ラインから実行することができます。
ステート・ファイルを利用することで、ユーザー・インターフェースを使わずに、バッチ処理による変換が可能です。
また、Pythonなどのプログラムを利用することで自動化することもできます。
実際の手順については、以下のzip圧縮ファイルをダウンロードし、その中にあるPDFファイルをご参照ください。サンプル・プログラム(Pythonを利用)も含まれています。

ReportGen_自動化.zip (バッチ処理と自動化)

複数のデータを複数のビューに並べるには(ツールの利用)

ReportGenで複数のビューを作るには、複数のプレースホルダーを作成し、そのホルダー番号を順番に変更しながら各データを変換していきます。(ReportGenのチュートリアル・ガイドに手順を記載していますので、そちらをご参照ください。)
ただ、この手順では、データと割り当てるプレースホルダーの番号を指定しながら変換を繰り返して行う必要があるため、ビューの数が多い場合は、「操作が面倒」、また、「指定を間違えてしまう」という声がありました。
以下のツールは、この問題点を解決するReportGenの補助ツールです。
複数のプレースホルダーが配置されたテンプレートPDFファイルと複数の3次元データを読み込み、各プレースホルダーと3次元データの対応を作成します。
どのファイルをどのプレースホルダーに入れるかを設定しておくことで、あとは自動的に変換することができます。
詳細は解凍後の bin フォルダに含まれるヘルプ・ファイル(PDF3DAutoHelp.pdf)をご参照ください。
Windows 64bit 版のみに対応しています。

PDF3DAutoConverter1.2.2.zip

複数のデータを複数のビューに並べるには(プログラムの作成)

ReportGenで複数のビューを作るには、複数のプレースホルダーを作成し、そのホルダー番号を順番に変更しながら各データを変換していきます。(ReportGenのチュートリアル・ガイドに手順を記載していますので、そちらをご参照ください。)
ここでは、この処理を自動化するためのプログラミングの方法とそのサンプルを紹介します。バッチ処理の基本操作については、サポート情報「バッチ処理と自動化の方法」をご参照ください。

ReportGen_自動化2.zip (複数データの複数ビューへの埋め込み)

パーツに情報を追加するには

パーツに情報が含まれている場合、そのパーツを選択すると、下図のようにそのパーツの情報がプロパティ・ウィンドウに表示されます。
このパーツ情報をReportGenのデータ変換時に追加することができます。
ステート・ファイルを利用し、パーツの名前に対して、その情報(プロパティと値のペア)を記述します。
詳細は以下の「ステート・ファイルの活用.pdf」の「パーツ情報の追加」(P.3)をご参照ください。

ステート・ファイルの活用.pdf

時系列アニメーションで変化するデータと変化しないデータを混在させるには(ツールの利用)

ReportGenのシーケンシャル・アニメーションでは、連番ファイルなどを利用してステップを順番に表示する時系列のアニメーションを作成できます。(詳細はチュートリアル・ガイドをご参照ください。)
気象データと地形データなど、変化するデータと変化しないデータが混在している場合、全ステップに地形データを埋め込むと、ファイル・サイズが大きくなり、またメモリ的にも圧迫してしまいます。
ステート・ファイルを利用することで、変化するデータと変化しないデータを混在させることができます。
以下のツールは、このステート・ファイルを対話的に作成することができる補助ツールです。詳細は展開後の bin フォルダに含まれるヘルプ・ファイル(PDF3DAnimHelper.pdf)をご参照ください。
Windows 64bit 版のみに対応しています。

PDF3DAnimHelper1.0.zip

時系列アニメーションで変化するデータと変化しないデータを混在させるには(ステート・ファイルの編集)

ステート・ファイルを編集することで、変化するデータと変化しないデータを混在させたシーケンス・アニメーションを作成することができます。
詳細は、以下の「ステート・ファイルの活用.pdf」の「時系列アニメーションの作成(変化するデータと変化しないデータの混在)」(P.8)をご参照ください。

ステート・ファイルの活用.pdf

Acrobat Reader のビュー・メニューに視点を追加するには

デフォルトでは、下図(左)のように Front/Back/Top などのビューが登録されます。
下図(右)のように独自に設定した方向のビューに変更、もしくは独自ビューを追加することができます。
詳細は、以下の「ステート・ファイルの活用.pdf」の「ビュー・メニューへの独自視点の追加」(P.7)をご参照ください。

ステート・ファイルの活用.pdf

EnSight によるポスト処理結果の VRML ファイル出力方法

EnSightでVRML形式のファイルに出力するには、出力したいパートを選択した状態で、[ファイル]→[出力]→[幾何学的情報]を選択し、出力フォーマットとして[VRML]を選択してください。

EnSight のバージョンによっては、ベクトルの矢印が VRML ファイルに 出力できないという不具合があります。2019 R2では、不具合が修正されていますので、それ以降のバージョンをお使いください。
その他の制限事項として、そのバージョンでも球の出力はできません。点など、他の形状で出力してください。

複数ステップのデータの場合は、デフォルトでは、全ステップのデータを1つのVRMLファイルに出力しようとしますので、パラメーターを変更して、1ステップずつ、ファイルを指定して出力してください。
ReportGen でアニメーションを作成するには、連番ファイルが必要となります。

ステップ数が多いときはこの操作が手間ですので、最終的にはスクリプトを作成して、全ステップを自動的に個別の連番のVRMLファイルに出力するようにします。
このスクリプト・ファイルのzip圧縮ファイルを以下に公開していますので、ダウンロード、解凍してご利用ください。
スクリプトファイルの中のoutput_vrml_prefixに出力するファイルのパスとファイル名(接頭子)を指定します。連番や拡張子は、このスクリプトの中で追加されます。
また、index_num_digitsで桁数を指定しています。
なお、このスクリプトでは、時間ステップの最初から最後までをループしながら、各ステップのVRMLファイルを作成します。

スクリプト・ファイルの実行方法につきましては、例えば、EnSightの日本語チュートリアル・ガイド中級編(3.5.2節)に記載されていますので、そちらをご参照ください。詳細はEnSightのサポート窓口にお問合せください。

export_vrml_geometry.zip (提供 アンシス・ジャパン)

AVS/Expressによる可視化結果の出力方法

AVS/Expressで可視化した結果をVRMLファイルに保存するには、OutputVRMLモジュールを利用します。AVS/Expressではチャンクと呼ばれる機能でレンダリングのためのデータを細分化しています。3D PDFを作成する際には、このチャンク機能をオフにしてください。
詳細は以下のドキュメントをご参照ください。

AVSによるPDF3D用データの作成.pdf

MicroAVSによる可視化結果のVRMLファイル出力方法

MicroAVSで可視化した結果をVRMLファイルに保存するには、ファイル・メニューのデータの書き込み機能を利用します。また、時系列データから連番のVRMLファイルを作成するには、スクリプト機能を利用してください。
詳細は以下のドキュメントをご参照ください。
その他、MicroAVSの現バージョン V22.0 Rev.A では、一部パーツ名の文字化けやパーツが細分化されてしまう問題があります。それらの回避方法についても説明しています。

MicroAVSによるPDF3D用データの作成.pdf

ANSYS 構造解析結果の出力方法

ANSYS Mechanicalで解析した結果は、 ANSYS Workbenchでポスト処理をすることが多いですが、残念ながら、現バージョンのANSYS Workbenchからは、一般的な3次元形状フォーマットに出力することができません。
しかしながら、ANSYS Mechanical APDL(旧 Classic)のポストプロセッサーを使えば、VRMLファイルに保存することができます。

その手順については、以下のReportGenの開発元Visual Technology Services Ltd.が作成した資料をご参照ください。
また、ANSYS Mechanical APDLの詳細については、ANSYSのマニュアル、ならびに ANSYSのサポート窓口にお問合せください。

PDF3D_AnsysWrlAnimationTutorial.pdf

ParaViewによるポスト処理結果の VRML ファイル出力方法

ParaViewのポスト処理結果をPDF3D ReportGenで変換するには、VRML形式のファイルに保存してください。
また、時間ステップの変化するデータをアニメーションにするには、スクリプトを利用して VRMLの連番ファイルを作成します。
詳細は、以下のドキュメントをご参照ください。

なお、ParaViewに3D PDFファイルの出力機能を組み込んだPDF3D PV+という製品もあります。
PV+では、ParavViewから直接3D PDFファイルを作成することができます。(ReportGenと同等の機能を持っています。)
3D PDFファイルを作成する対象ソフトがParaViewのみの場合は、PV+の方が便利です。

ParaViewによるVRMLファイル出力方法.pdf

VMDによる分子データの可視化結果の出力方法

VMDを使って分子データの可視化を行っている場合、Obj形式、もしくはVRML形式のファイル出力をご利用ください。
また、アニメーションを作るには、Tclスクリプトを利用して、連番ファイルを作成します。
詳細は以下のドキュメントをご参照ください。
(以下のファイルには、サンプルの3Dデータが含まれています。3Dのビューを見るには、ファイルをダウンロードしてご参照ください。)

VMDによる分子データの3DPDF化.pdf